イノシシに先にやられた!! 

今日4月14日はじゃがいもの芽カキ体験日でしたが、畑に行ってビックリ。猪がすでにじゃがいも畑4aの約半分を種芋ごと芽カキをしていて、グチャグチャになっていました。

被害の跡。種芋ごと掘り起こされています。

芽カキを待つ被害にあっていない芽。

 

じゃがいも畑の隣が耕作放棄地で、イノシシの“ヌタ場”になっています。ヌタ場とは、イノシシが体についたダニやシラミを泥と一緒に洗い流す場所です。ここで遊んだ後、お腹が空いたところにちょうど美味しそうな御馳走があったのでしょう。

このヌタ場がじゃがいも畑の隣にあり, 再生したいが, 手が足りずそのまま放置されています。

獣害対策として4段の電柵をしているのですが、肝心の一番下の線が通電していなかったことが入られた原因のようです。ということで、今日は荒らされた畑の修正と電柵修理に追われ、芽カキは一部しかできませんでした。

せっかく収穫に備えて運搬車を買ったばかりなのに活躍の場が半分になってしまいました。
しかし、害獣に負けておられません。気持ちを切り替えて頑張ります。

気を取り直して, 被害にあわなかった芽の芽カキ作業を頑張る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です