農業振興チームの活動

豊能町は、大阪の中心地から車で1時間以内の美しい農村地帯です。
しかし、農家の高齢化で耕作放棄地が年々増加して、美しい農村風景が損なわれてきています。
さらに放棄地が害獣や害虫の住処になり、農作物の害獣・害虫被害も広がっています。
害獣被害が、農業者のやる気をくじき、ますます放棄地が増える原因になっています。
そこで、「ふるさとおこし協議会」はボランティアを募り、耕作放棄地を再生し、
減農薬・減化学肥料の野菜栽培に取り組んでいます。

さらに、H30年から棚田の恒久的な活用策として、ブドウ栽培に取り組みます。

■【放棄地の再生】

平成27年8月・・・高山地区で具体的な活動をスタート。
H27年・・・25aを再生。
H28年・・・さらに20a再生。
現 在・・・約合計45aの農地を再生、野菜栽培に取り組んでいます。
H30年・・・さらに+10aの再生を進めています。

【再生農地を持続させる活動 】
再生農地で収穫した農作物や農産加工品を販売し、
その収益を、次年度の種苗や肥料の購入資金・作業ボランティアとの慰労会費などの
必要経費に充当していくことで、持続可能な体制を目指しています。

【再生地での減農薬・無農薬栽培】

消費者に安心・安全な野菜をお届けします!

高山の標高は450mあり、冬には気温が氷点下になる日が多く、害虫が越冬しにくい環境です。
その環境を活かして、極力無農薬にこだわっています。
また、元肥は主に環境に優しい有機肥料 “蘇生”を使用しています。

平成30年には、「大阪エコ農産物」として大阪府から認証された野菜が出荷できる予定です。

      「大阪エコ農産物認証制度」とは・・・
農薬や化学肥料の使用量を、慣行栽培の5割以下に削減して
栽培された農作物を、大阪府が 市町村、JAと連携して
現地調査をし、「大阪エコ農産物」として認証する制度です。

農作業日

■ 毎週・・・ 月曜日 & 木曜日 (原則)
■ 月一回土曜日・・・農作業体験日 (詳細はイベント案内で)
■ facebookでも活動内容を配信中!
■ 年間スケジュール(概要)】 ⇐ こちらから

Buy 豊能運動チームの活動

■”Buy豊能運動“とは地元で作った農作物は、地元で食べる地産地消運動です 。

■登録して頂いた「購入会員」の皆様に、”Buy豊能運動ボランティア”がご注文の品を宅配しています。

■【宅配品】
野菜・・耕作ボランティアが再生農地で栽培した、玉ねぎ・ジャガイモ・サツマイモ・ヤーコン・里芋・ほうれん草・真菜・レタス・ブロッコリー・いんげん・白菜・大根・小豆・ニンニク等です。

農産物加工食品・・生芋板コンニャク・ヤーコン入り板コンニャク・ヤーコンドレッシング等です。

お米・・町内〈牧地区〉の農家で育てられたキヌヒカリです。

ブドウ栽培チームの活動

豊能町高山の棚田を利用してブドウを栽培し、将来ワイン造りを目指す【とよの高山ワイナリー】プロジェクトがスタートしました。

ワイナリー事業により、棚田の保全・地域活性化・雇用創出など豊能町の持続的な繁栄につながるため、「豊能町ふるさとおこし協議会」は同プロジェクトの一員として、ブドウ栽培活動をサポートしてまいります。

同プロジェクトに関心のある方は、下記詳細をご覧ください。


<facebook グループ とよの高山ワイナリー>

 

各ボランティア会員を募集しています!

私たちの趣旨にご賛同いただき、活動に参加ご支援して下さる方々を募集しています。
皆様のご支援をお待ちしております。

詳細はこちらから ⇒ 【ボランティア会員募集】のご案内

     ■ 耕作ボランティア

     ■ Buy豊能運動(宅配)ボランティア

     ■ Buy豊能購入会員

     ■ ブドウ栽培ボランティア